更年期・更年期障害とは?

女性なら誰もが体験する更年期。女性の卵巣機能は40歳を過ぎた頃から低下し始めます。一般的には、40歳を過ぎた頃から生理の周期が短くなり、出血量の変化を感じたら、そろそろ更年期に入ったサインです。更年期障害とはいったい何なのでしょう?更年期・更年期障害の意味や更年期に現れる諸症状の原因、メカニズムなどについて紹介します。更年期を上手に過ごすために‎、セルフケアの方法・更年期障害簡単チェック・予防のコツまで詳しく解説します。

更年期障害の定義

更年期は、女性の加齢に伴う生殖期から非生殖期への移行期であり、わが国では閉経の前後5年の合計10年間とされます。閉経の診断は、更年期女性において12カ月以上の無月経が続いた場合に確定できますが、12カ月未満の女性や子宮摘出を行っている女性では「FSH値40mIU/mL以上かつエストラジオール(E2)値20pg/mL以下」をもって閉経と判定してもよいとされています。
この更年期に現れる多種多様な症状の中で、器質的変化に起因しない症状を更年期症状と呼び、これらの症状の中で、日常生活に支障をきたす病態を更年期障害と定義します。

更年期症状と原因

周閉経期に自覚される様々な更年期症状(いわゆる不定愁訴)に基づいて診断を行い、更年期症状には、大きく、血管運動神経症状(エストロゲン欠落症状)、精神神経症状及びその他に分けられますが、各症状は重複して出現することが少なくありません。さらには症状の原因も、加齢に伴う退行性変化(エストロゲンの低下に伴う内分泌学的変化)と個人を取り巻く家庭や社会での環境変化(心理社会的変化)などが複雑に関与して発症すると考えられます。そのため、症状の明確な区分は困難な場合が多いのです。

横森理香のコーネンキこんなことな~い?(更年期チェック) 横森理香のコーネンキこんなことな~い?(更年期チェック)

よくあるご質問