更年期障害の治療法

更年期障害の治療法は薬物療法と非薬物療法に分類され、症状の種類や程度により、どれを選択するか、医師が考慮します。薬物療法にはエストロゲン製剤、漢方薬、向精神薬などがあり、症状の種類や程度を考慮しながら適切な薬物の選択を行います。

ホルモン補充療法(HRT)

ホットフラッシュ、発汗、不眠など自律神経症状が主な症状の場合には、ホルモン補充療法(HRT)を行います。ホルモン補充療法では、子宮摘出後であればエストロゲンのみを、子宮を擁する場合にはエストロゲンとプロゲステロンを用います。

エストロゲン製剤を投与する治療の総称であるHRTは、有効性のエビデンスレベルが非常に高く、更年期障害に対する第一選択の治療と言えます。2002年に報告された「Women’s Health Initiative(WHI)」の中間報告で、乳癌リスク上昇により、HRTを回避する流れもありましたが、現在ではエビデンスに基づき、より安全なHRTの方法を行うための「HRT ガイドライン」が作成されています。投与は、「HRT ガイドライン」に従って行われます。

HRTを行う際には、血圧、身長、体重の測定、血算・生化学・血糖検査、婦人科癌検診(子宮頸部・体部)、内診および経腟超音波検査、乳癌検査が必須。HRT投与中は症状の問診を毎回行い、投与前検査を年1~2回繰り返すこと。さらにHRT投与中止後5年までは、1~2年ごとの婦人科癌検診と乳癌検診が推奨されます。また、5年以上の投与を必要とする場合は、乳癌のリスクが高まることについての再説明を行い、同意を得ることが約束されています。

対象者の年齢や閉経後年数、体格や既往疾患、嗜好、家族歴など、患者の潜在的なリスク因子により有害事象の発生が異なるため、周期的投与法と持続的投与法の選択には、患者それぞれのメリット・デメリットを考慮して医師と相談の上決定することが必要です。

ホルモン補充療法における禁忌・慎重投与(「ホルモン補充療法ガイドライン2012」より)

文献
  1. 1)Nelson HD: Commonly used types of postmenopausal estrogen for treatment of hot flashes. JAMA 2004; 291: 1610―1620 (I)
  2. 2)Goodman NF, Cobin RH, Ginzburg SB, et al.: American Association of Clinical Endocri- nologists Medical Guidelines for Clinical Practice for the diagnosis and treatment of menopause: executive summary of recommendations. Endocr Pract 2011; 17: 949― 954 (Guideline)
  3. 3)日本産科婦人科学会・日本女性医学学会監修:ホルモン補充療法ガイドライン 2012 年度版,東京:日本産科婦人科学会,2012(Guideline)
  4. 4)North American Menopause Society: The 2012 hormone therapy position statement of: The North American Menopause Society. Menopause 2012; 19: 257―271 (Guideline)
  5. 5)American College of Obstetricians and Gynecologists Women’s Health Care Physicians. Vasomotor symptoms. Obstet Gynecol 2004; 104(4 Suppl): 106S―117S (Guideline)
  6. 6)Writing Group for the Women’s Health Initiative Investigators: Risks and benefits of es- trogen plus progestin in healthy postmenopausal women: principal results from the Women’s Health Initiative randomized controlled trial. JAMA 2002; 288: 321―333 (I)
  7. 7)Stevenson JC, Panay N, Pexman-Fieth C:Oral estradiol and dydrogesterone combination therapy in postmenopausal women:review of efficacy and safety. Maturitas 2013;76: 10―21(III)
  8. 8)Weiderpass E, Baron JA, Adami HO, Magnusson C, Lindgren A, Bergström R, Correia N, Persson I: Low-potency oestrogen and risk of endometrial cancer: a case-control study. Lancet 1999; 353: 1824―1828 (II)
  9. 9)Birkhauser MH, Panay N, Archer DF, Barlow D, Burger H, Gambacciani M, Goldstein S, Pinderton JA, Sturdee DW: Updated practidal recommendations for hormone replace- ment therapy in the peri- and postmenopause. Climacteric 2008; 11: 108―123 (III)
  10. 10)Alder J, Eymann Besken K, Armbruster U, Decio R, Gairing A, Kang A, Bitzer J: Cognitive- behavioural group intervention for climacteric syndrome. Psychother Psychosom 2006; 75: 298―303 (III)
  11. 11)The Expert Consensus Guideline Series: Treatment of Depression in Women 2001, McGraw-Hill (Guideline)
  12. 12)Nelson HD, Vesco KK, Haney E, et al.: Nonhormonal therapies for menopausal hot flashes: systematic review and meta-analysis. JAMA 2006; 295: 2057―2071 (I)

漢方薬

いわゆる不定愁訴と呼ばれる多彩な症状を訴える場合には、漢方療法を用います。漢方薬は現在保険診療で投薬可能であり、日本における代替医療の主流であると言われています。更年期障害に対しては、女性3大漢方と呼ばれる「当帰芍薬散」「加味逍遙散」「桂枝茯苓丸」を中心に処方。ホットフラッシュに対しては、大豆イソフラボン・レッドクローバーイソフラボンも用いられます(※イソフラボン過剰摂取による癌のリスクを高める可能性を考慮)。特に精神神経症状が強い場合には、カウンセリングや向精神薬を考慮することもあり、生活習慣に問題がある場合は、医師から改善するように指導されます。

当帰芍薬散
比較的体力の低下した人(虚証)で、冷え症・貧血傾向・浮腫がある人
加味逍遙散
比較的虚弱な人で(中間証から虚証)、疲労しやすく、不眠、イライラなどの精神神経症状がある人
桂枝茯苓丸
体力中等度もしくはそれ以上の人(実証から中間証)、のぼせ、赤ら顔、下腹部の抵抗や圧痛がある人
この他、更年期障害・血の道症に対して保険適用のある漢方処方
更年期障害
柴胡桂枝乾姜湯、温清飲、五積散、通導散、温経湯、三黄瀉心湯
血の道症

※月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のこと

柴胡桂枝乾姜湯、加味逍遙散、温清飲、女神散、四物湯、三黄瀉心湯、川芎茶調散、桂枝茯苓丸加薏苡仁

欧米では、ハーブを用いた代替医療がもたらす副作用に対して注意喚起が推奨されていますが、漢方治療についても同様で、医師が副作用などを十分考慮した上で投薬します。

文献
  1. 1)日本更年期医学会編:更年期医療ガイドブック,東京:金原出版(Text Book)
  2. 2)木村武彦,矢内原巧:更年期の漢方治療.産婦人科治療 1991;63:199―202(III)
  3. 3)日本東洋医学会学術教育委員会編:入門漢方医学,東京:南江堂(Text Book)
  4. 4)樋口 毅,柞木田礼子,阿部和弘,谷口綾亮,水沼英樹:ホルモン補充療法,加味逍遙散投与の更年期障害に対する効果の比較.産婦人科漢方研究のあゆみ 2009;26:18―23(II)
  5. 5)日本東洋医学会EBM特別委員会 エビデンスレポート・タスクフォース:漢方治療エビデンスレポート2010―345のRCT―.http:!www.jsom.or.jp!medical!ebm!er!version.html
  6. 6)Terauchi M, Hiramitsu S, Akiyoshi M, Owa Y, Kato K, Obayashi S, et al.: Effects of three Kampo formulae: Tokishakuyakusan (TJ-23), Kamishoyosan (TJ-24), and Keishibukuryo- gan (TJ-25) on Japanese peri- and postmenopausal women with sleep disturbances. Arch Gynecol Obstet 2011; 284: 913―921 (II)
  7. 7)更年期障害に対する加味逍遥散の有効性・安全性の検討―プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験―UMIN CTR 臨床試験登録情報の閲覧 http:!upload.umin.ac.jp!cgi-open-bin!ctr!ctr.cgi? function=brows&action=brows&type=summary&recptno=R000006042&language=J
  8. 8)Nelson HD, Vesco KK, Haney E, Fu R, Nedrow A, Miller J, et al.: Nonhormonal therapies for menopausal hot flashes: systematic review and meta-analysis. JAMA 2006 3; 295: 2057―2071 (I)
  9. 9)American College of Obstetricians and Gynecologists Women’s Health Care Physicians: Vasomotor symptoms. Obstet Gynecol 2004; 104 (4 Suppl): 106S―117S (Guideline)
  10. 10)Unfer V, Casini ML, Costabile L, Mignosa M, Gerli S, Di Renzo GC: Endometrial effects of long-term treatment with phytoestrogens: a randomized, double-blind, placebo-controlled study. Fertil Steril 2004; 82: 145―148 (I)
  11. 11)食品安全委員会:大豆イソフラボンを含む特定健康食品の安全性評価の基本的な考え方.2006; 1―71(III)
【出典】
  1. 日本女性医学学会
    「女性医学ガイドブック 更年期医療編2014年度版」
  2. 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会
    「産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編2014」
横森理香のコーネンキこんなことな~い?(更年期チェック) 横森理香のコーネンキこんなことな~い?(更年期チェック)

よくあるご質問